これが東配だ!

「物流って何だろう?」のページで解説したように、物流に関するさまざまな業務をまるごと手掛けているのが東配の特徴です。東配には7つの事業部があり、それぞれが独自の役割を担いつつ連携して総合的な物流を行っています。このページで物流企業の仕組みを“社会科見学”してみてください。

運輸事業部・関東事業部・センター事業部

物流の始めと終わりを担う配送部門とその流れをコントロールする中継部門

製造業などのお客様から商品を引き取り、販売店などのお客様へお届けするまでの過程で、物流にはさまざまな業務があります。その始めと終わりを担う“物流の花形選手”と言えるのが配送部門です。東配の配送部門は、担当エリアによって「運輸事業部」と「関東事業部」に大きく2分類されていて、配送以外にも車輌の維持や安全運行などをトータルで管理しています。

また、集荷・配送の中継役を担うのが「センター事業部」です。この部門では、東配の各部門が連携してつないだ商品を正確にお届けするために、仕分けやトラックへの積み込みの管理などをしています。物流を総合的に手掛けている東配は、各部門の連携というチームプレーで成り立っています。その最前線となる配送・中継のポジションで、あなたもアクティブに活躍してみませんか?

★それぞれの事業部では下記のような業務を行っています。
◆運輸事業部
  • ・北海道方面、東北各県への配送業務
  • ・県内からの集荷業務
  • ・上記に必要な伝票作成や配車業務、車輌の運行管理など
◆関東事業部
  • ・関東、関西方面への配送業務
  • ・関東地区の各冷蔵庫から仙台への集荷業務
  • ・上記に必要な伝票作成や配車業務、車輌の運行管理など
◆センター事業部
  • ・仙台の各センターへ集荷された商品が配送されるまでの間の一時保管、仕分け、在庫管理、流通加工、トラックへの積荷業務など

3PL事業部

さらなる効率化と利便性向上を目指し、物流に付加価値を創造する部門

物流企業は単に荷物を運ぶだけではなく、その途中でも多くの業務を行っています。お客様から集荷した商品を一時的にお預かりする「保管」や在庫管理などの「情報処理」、輸送機関との積み下ろしに関わる「荷役」、ラベル貼付などの「流通加工」といった物流センター内の多種多様な機能を維持し、正確に運営するのが、私たち3PL事業部の役割です。

つまり3PL事業部の仕事は、お客様の物流業務に関わる負担を軽減し、輸送に付加価値を与えることなのです。私たちの仕事によって、お客様にとっては物流の効率化と利便性の向上につながり、東配にとっては独自性の創造と企業価値の向上につながります。

食品輸送は、生産者から消費者へ「食」をつなぐという社会的に重要な役割を担っており、これを安全・正確に効率よく行うためには、専門的な知識・技術が必要です。使命感と知的向上心を持って、私たちと一緒に貢献していきましょう!

市場事業部

仙台市中央卸売市場を舞台として全国的な「食」の流通を支える部門

市場事業部は、仙台市中央卸売市場に入荷される商品の取り扱いを専門的に担当する部門です。具体的には、仙都魚類(株)[水産部 大卸]の鮮魚・冷凍品・加工品などを荷受けするところから、競り落とされた商品を輸送機関に積み込む荷役業務や市場から各量販店への配送業務までを、まるごと代行しています。

また、市場には東配の配送部門や各運送会社が全国から集荷した商品が入荷され、競りなどを通して全国の物流センターや店舗へ届けられます。市場は主に深夜・早朝に活動しているので、他部署では対応できない時間帯の配送や市場の商品を他部署へつなぐことも、私たち市場事業部の大切な仕事です。

物流を通して仙台の「食」を支え、さらに全国の「食」を支えるという重要な役割を担う、とても意義のある仕事です。活気あふれる市場という舞台で、あなたの才能を発揮してみませんか?

管理事業部

社内での多岐にわたる業務を通して「東配の物流」すべてを支援する部門

管理事業部は、経理課・総務課・整備課の3課で構成される部門です。財務会計処理や各種資料の作成をはじめ、情報処理システムの開発・維持管理、法律関係書類の作成、施設・トラックの維持管理など多岐にわたる業務を行っています。また、経営方針に沿って各部署の業務を制御し、部署間の調整を行う役割も担っており、全社員が安心・安全・スムーズに業務を行えるようサポートする立場でもあります。

私たちが求めている人材は「気配り上手な人」「問題解決ができる人」「何事も形から覚えるのではなく、基礎をしっかり学び、応用力のある人」です。常に周囲に関心を持って配慮し、何が問題かを見極められる人は、物事をスムーズに進める解決策を考える力があります。また、各部署を支援するためには、日々変化する状況の中で幅広い知識と経験を臨機応変に活用し、今後の指標をつくっていかなければならないからです。

管理事業部は、物流の表舞台で活躍する部門ではありませんが、社内ではさまざまな場面で社員から頼られる部門です。「こういう仕事も物流を支えているんだ!」と興味を感じたら、私たちと一緒に働いてみませんか?

支店事業部

各拠点のネットワーク拡大により、全国的な物流の成長に貢献できる部門

支店事業部は、盛岡支店・札幌営業所・成田営業所の3拠点で構成される部門です。各拠点が地場の特徴を生かした集荷・配送網を組み立てることで、東配の物流ネットワークは拡大していきます。例えば、盛岡支店の県内路線が拡大して多くの配送先へ商品をお届けできるようになると、仙台などから盛岡へ配送する路線との組み合わせで、岩手県内の荷主様だけではなく全国各地の荷主様の路線を拡大できたことになるのです。

つまり、支店事業部の業務によって東配の物流ネットワークが強化されることにより、お客様もより幅広い事業展開が可能になるわけです。ある意味では、全国の物流ネットワークの成長に貢献できる仕事とも言えるので、視野を広げて取り組むと大きなやりがいにつながります!

★それぞれの拠点では下記のような業務を行っています。
◆盛岡支店
  • ・岩手県内から東北各地、北海道方面への集配拠点
  • ・各地から岩手県内へ配送する中継拠点
  • ・主な取り扱いは、食肉加工品、加工品、水産品、青果品などのチルド・冷凍品
◆札幌営業所
  • ・北海道から内地へ配送する商品の集荷拠点
  • ・札幌市内近郊を中心とした北海道内の配送業務
  • ・主な取り扱いは、水産品、青果品などのチルド・冷凍品
◆成田営業所
  • ・空輸される外国貨物(鮮魚、野菜、果物)および千葉県内産の商品の集荷拠点
  • ・上記の配送拠点(主に東北、関東、関西方面)への配送
  • ・主な取り扱いは、水産品(特に生マグロ)、生鮮青果品、チルド品